第3回 日本人の英語講座: コラム・「 アルフレッド王の物語」(その1)

第3回 日本人の英語講座: コラム・「 アルフレッド王の物語」(その1)

 

はしがき

 アルフレッド王(在位871-899)は「イギリス王」とも言われる有名な王。イギリスが地方に分割していた時代の王様で、幕府の支配下にあった藩主のような存在です。強力なスカンジナビアの海賊(ヴァイキング)が8世紀の末(793年)、イギリスの地方を次々に占領して、最後に残った王がアルフレッドでした。

英語の衰退と復活の歴史

 英語は、ヨーロッパで文字言語が最も早くからに発達。しかし、勝者となったヴァイキングは彼らのことばを強要し、教会に保存されていた書物や文書など全て焼き払いました。アルフレットはゲリラ戦で国を守ったものの、貴重な英語の文書をすべて失ったのです。

 「文字言語なくして精神文化はない」と考えたアルフレッド王は、文字を復活させるために一大決心。熱意とリーダーシップによって、ラテン語の書籍を英語に翻訳する大事業が始まったのです。膨大な時間と努力が実り、「古い英語(Old English)」が復活しました。アルフレッド王が、後にイギリス王と言われる所以です。

フランス王の支配と「地下に埋もれた」英語

 物語はそこで終わりません。アルフレッド王の没後、フランスからやってきたウイリアムが王位を得て、徳川家康のようにイギリス全土を支配します。政府や教会のことばは、全てフランス語かラテン語に。フランス語が第一言語、第二言語はラテン語、英語はマイナー言語の時代が三百年間も続きます。

 当時は交通・通信網が発達していなかったため、音声言語はスコットランドなど遠い地方や、庶民の間で受け継がれ、生活言語として発展を続けました。

では三百年も「地下に埋もれた」英語が、公的言語となるまでどのように復活したのか。そこには、予期しなかった災害と人々の英語への強い愛着がありました。[KK.HISAMA 2019.7](以下次回につづく)

文献:「アルフレッド王の物語」日本人の英語講座:明るい未来を拓く学習ガイド(p21)

©2015 athena international research institute.