読書コーナー(令和元年度)

読書コーナー(令和元年度)

第6回 日本の総合文化を伝える書・茶の湯(前 編)

茶の湯と日本文化:飲食・道具・空間・思想から、 神津(こうず)朝夫(あさお)、淡交社、2012.12  

はしがき

世界中の人々はお茶を飲む。お茶と茶碗があれば可能な生活習慣を、総合文化に高めたのが「茶の湯」である。著書の目的は、「日本文化のあらゆる要素が詰まった」茶の湯の側から日本文化をみつめなおすことだ。

客をもてなす茶会としての「茶の湯」を、歴史的背景と二種類のキーワード、具象(飲食・道具・空間)と抽象(思想)に整理して述べる。

茶の本・『茶経』に始まる茶の湯の歴史 

最初の本は唐の時代、陸羽(りくう)733-803)が持ち帰った『茶経』。茶樹、茶の製法と飲用法、茶道具などくわしく書かれている。全体は三巻十節で、よい茶葉を育てて製茶し、よい水で沸かし、注意深く煮る方法である。栄西はお茶の効用を『喫茶養生記』に書いている。

茶の湯の成立と発展は、鎌倉時代のはじめに栄西(1141-1215)が薬として中国から持ち帰った抹茶が、禅宗寺院に普及してからである。抹茶が嗜好飲料として飲まれると、日本各地に茶産地が作られ、日本人の間に徐々にお茶を飲む習慣が広がった。

日本の茶の本は『茶経』と異なり、茶会の作法や点前・名物道具・茶室についての記述が多い。明治39年(1906)岡倉天心が出版した“The Book of Tea”(和訳『茶の本』)によって、茶の湯は欧米文化人に広く知られるようになった。

侘び茶の創案と発展 

茶会の流れは二つあり、一つは室町時代の遊興・娯楽性の強いもの、他は世俗を離れた生き方を理想とする茶の湯(侘び茶)である。侘び茶は、禅を学んだ村田珠光(1422-1502)が創案したもので、茶禅一味を旨とする。茶道具にも、唐物中心だった茶道具に日本の茶碗を取入れた。

侘び茶の流れは、町衆の一人だった千利休(1502-1555)によって「やつしの美」を表現する茶室・茶道具・作法を一体とする茶の湯の世界を大成。時の権力者・織田信長や豊臣秀吉に教えて、天下一の茶の宗匠と言われた。茶の湯の歴史は、『茶経』から九世紀、更に五世紀を経た今も続いているのだ。

江戸時代前期までの茶の湯は、大名・豪商に限られ、中期から町人を中心に千家系が広まる。江戸末期には、作法が固定した抹茶に対抗する煎茶の作法を定めた煎茶道が漢詩の文人の間に広まった。明治時代になって封建制度が崩壊すると、「女子の教養」と、維新の功臣や財閥関係者(近代数寄者)による「貴紳の茶の湯」として復興した。

次回は、茶の湯の四要素:飲食・道具・空間・思想について述べる。[KK.HISAMA,2019.11]

 

第5回 歌舞伎と茶の湯・日本の総合文化を伝える書

歌舞伎はスゴイ:江戸の盟友たちと“芝居国”の歴史、堀口(ほりぐち)()(すみ)PHP新書11782019.3

茶の湯と日本文化:飲食・道具・空間・思想から、 神津(こうず)朝夫(あさお)、淡交社、2012.12

 今回から、移りゆく時代に適応しながら、人々に愛され、日本文化を総合する歌舞伎と茶の湯をやさしく解説する二冊の書を順に紹介する。黒船(軍艦)のショックをきっかけに、日本は開国し近代国家の道を躍進した。後押しとなったのは、欧米人の信頼と尊敬を得た日本の精神文化である。新渡戸稲造の『武士道』は時のルーズベルト米大統領の愛読書、他に鈴木大拙の『禅』、岡本天心の『茶の本』がある。これらは初めから英語で書かれ、広く国際社会で読まれた本である。

歌舞伎はスゴイ:江戸の盟友たちと“芝居国”の歴史、堀口(ほりぐち)()(すみ)PHP新書11782019.3

はじめに

 著者は、大学で演劇を勉強し、後に歌舞伎文学座で研究、舞台やテレビドラマで活躍した女優。近年は、江戸文化史にくわしいタレントとして執筆・講演活動に取組んでいる。最初の12ページに豪華絢爛な歌舞伎の浮世絵が並ぶ。続く「はしがき」・「目次」から本文全体もすべて多数の浮世絵がちりばめられている。写真のない時代、あこがれの役者や出し物、舞台・芝居小屋まで、見事な浮世絵で描かれたのだ。

浮世絵と共に歩んだ江戸歌舞伎

1 江戸歌舞伎の魅力:江戸時代に始まった歌舞伎(芝居)と明治維新に始まった演劇の違いが浮彫になる。夜明けから日没まで、自然の光の中で、舞台前の芝に座る(芝居)娯楽だった歌舞伎が、現代を先取りした独自の演出や圧倒的なスピード感・スベクタクル感などあったのは驚くばかり。真っ白な化粧も暗闇で見える工夫という。

2 花形役者で追う歌舞伎の歴史:歌舞伎の歴史は、徳川家康の時代を共に歩む。始りは、派手で奇抜な衣を着て型破りの行動をする「かぶき者」と「かぶき踊り」。踊る女性の一座で始まった「歌舞伎」が、若い男性による「若衆歌舞伎」、成人男性のみの「野郎歌舞伎」へと変転し、現在の伝統芸術に至っている。

その背後には娯楽と売春の密な関係があり、幕府は風紀の乱れを取り締る義務があった。結果として、売色よりも技芸や内容によって客を満足させる歌舞伎の流れができた。

また、歌舞伎の栄枯衰退の背景には、常に大災害(地震・台風・大火)があった。大火と自然災害は日本人の宿命であり、同時に世界の流れと政府の規制があるのだ。明治維新の近代化政策によって、歌舞伎は外国人にも評価される伝統芸術としての道を歩み続けているのである。

3 芝居小屋大解剖:舞台のカーテンを境にして、前は表方、後側は裏方。中学生として歌舞伎の世界に魅了され、研究を重ねた著者ならではの話題が満載されている。

おわりに

 現代歌舞伎の母体は江戸時代の歌舞伎である。自然と共に生きる庶民による庶民のための娯楽として、日本文化を総合する歌舞伎は、現代にまさるとも劣らない役者や演出があった。大災害や変りゆく時代に適応しながら今も続いている・・・。[KK.HISAMA, 2019.10]

 

 

 

第4回 日本語が亡びるとき・英語の世紀の中で

日本語が亡びるとき・英語の世紀の中で:水村美苗 ちくま文庫 2015.4(単行本・2008

はしがき

 私は最初に単行本を読み、後で文庫版を買った。本書から得た貴重な情報がいくつかある。その一つが、日本語は世界に稀な美しい書き言葉であること。日本人は古代文明の発祥地である中国から学び、英語など西洋語に先だって文字言語を発達したのである。

 今は、英語の世紀の中で、多くの言語が消えていく時代。欧米諸国の植民地化を逃れた数カ国の中で、最も高度に発達した日本語が、なぜ亡ぼうとしているのか。多感な少女時代に家族とアメリカに移住し、自己のアイデンティティと戦いながら、日本文学者として成長した著者の「美しい日本語」を守る執念が伝わってくる。

「文庫版によせて」から

 はしがき 水村氏は、戦後第一陣として12歳で家族と渡米した。英語と異文化の中で葛藤しながら文学者を志し、真摯に日本語と向き合う貴重な経験から生まれた書である。主題は、英語の世紀の中で危機にある日本語と、日本文化をどう守るか。興味深いのは、文庫本の最後にある「増補」。国際社会で広く知られる著者の人となりや、内容の理解が深まる。

執筆に6年を費やした内容の濃い本書が、ネットによって広く国民に読まれ、英語版によって世界に広まったことは興味深い。以下、増補の論点を二つ紹介する。

「普遍語」と「国語」の役割分担

危機にあるのは日本語だけでなく、ドイツ語やフランス語も同じである。普遍語となりつつある英語と、他の高度に発達した国語の運命はどうなるのか。母語を知らない、愛せないない状態で、普遍語を学んでも深い理解も愛着も生まれないという。著者は世界の主要な言語であるドイツ語やフランス語だけでなく、他の国語の深刻な実情を述べている。

ことばは、他の生物と人間の最大の違いである。これからは、普遍語と国語をどう使い分けるが問われているのだ。

占領軍による日本語の危機

著者の論点は、日本語は侵略した他者が奪いとるのではなく、日本人自身が粗末に扱ってきたことだ。学校教育のカリキュラムでは、日本語の時間は少なく、内容もお粗末きわまると言う。敗戦により米軍の支配下になった時代のエピソードがある。

占領軍は日本語をローマ字にしようとしただけでなく、英語を公用語とするために、すべての学校で教科にしようとした。ローマ字が実現しなかった背景には、言語学者・柴田武の勇気があった。

柴田はローマ字論者であった。しかし、米軍が行ったローマ字化の調査の結果を変えることを命令されたとき、断固として拒否した。幼稚園・小学校から始める英語教育も、日本側の反対で実現しなかった。かくして、我々は日本語という高度な国語を守るチャンスを得た。ちょうど、75年前の出来事である。[2019.7 KK.HISAMA]

 

第3回 改めて『万葉集』をよみとる(その2)

 

万葉集(ビギナーズ・クラシック日本の古典)角川書店編、2019.443版)70619

はしがき

新しい元号の発表直前に出版されたが、初版は平成13年で18年前。学校教育で教わって以来、初めてひもとく人も理解できるやさしい万葉集である。「生老病死」四苦に加えての苦である「愛別離苦」の歌が目立つ。

昔は民謡、今はポップミュージックなど、リズム感ある俳句や和歌は、人々の心を癒してくれる。人それぞれが、好きな詩歌を選んで詠唱するとよい。

万葉集の花と鳥

日本の詩歌や文学の背景には、「花鳥風月」の美しい自然がある。以下、万葉集が伝える「花鳥」の歌を紹介する。

川の() つらつら椿 つらつらに 見れども飽かず 巨勢(こせ)の春野は(春日蔵首老)
*「椿」は国字(日本製漢字)で、春の到来を告げる聖なる木。音声によって、つやつやした葉と花弁が奏でるまろやかな音楽が聞こえるようだ。

我が(その) 梅の花散る ひさかたの (あめ)より雪の 流れ来るかも(大伴旅人)

 *我が家の庭に白梅の花が散る、大空から流れ来る雪のように。万葉集は、桜よりも梅を愛でる歌が多い。

若の浦に 潮満ちくれば (かた)をな 葦辺(あしべ)をさして (たづ)鳴き渡る(山部赤人)

 *干潟がなくなると、鶴は他の葦辺に鳴き渡っていく。鳥の優雅な姿と、次第に遠くなる鳴き声と、足元に近づく水面と・・・。

梅の花 散らまく惜しみ 我が(その) 竹の林に うぐいす鳴くも(将監阿氏奥島)

 *散る梅とうぐいすの鳴き声と、季節は休みなき移り変わっていく。

 

コメント

 

*五感を通して心に響く美しい日本の花鳥。万葉集は現代人の感性を磨き、苦しみを癒してくれる。 [KK.HISAMA, 2019.7]

 

第2回 改めて『万葉集』をよみとる(その1)

はしがき

 万葉集(ビギナーズ・クラシック日本の古典)角川書店編、2019.443版)

この本との出会いは、九州国立博物館のおみやげコーナー、毎年4月に隣接する天満宮にお参りしてから訪れる。新しい元号の発表直前に出版されたが、初版は平成13年で18年前だ。

『万葉集』二十巻、4500余首の中から140首を選出している。4500余首の半分は作者不明という。天皇の歌、有名な人麿呂(ひとまろ)や家持(やかもち)など有名な歌が多い。万葉集ブームらしいが、学校教育で教わって以来、初めてひもとく人も多いと思う。幸いにも、本書はこれ以上やさしい万葉集はないと思われる内容である。

相聞の歌(人を愛する歌)

 冒頭の歌は雄略天皇が、早春の野原で出会った若い娘を見染めた相聞歌である。

早春の妻問い

 「()よ、み()持ち ()(くし)もよ み()(くし)もち・・・この岡に菜摘ます子・・・」と、籠と串をもって菜を摘む娘への語りかけで始まる。次に「大和の国は おしなべて 我こそ居れしきなべて・・・」と自分が支配者であることを告げ、「()らめ 家をも 名おも」と娘に尋ねる。男女関係が自由な時代の人々の性のエネルギーに驚く。

 

子らを思う歌

 山上の憶良(やまのうえのおくら)の有名な歌である

 「(うり)()めば こども思ほゆ 栗()めば まして(しぬ)はゆ いづくより 来たりしものぞ まかなひに もとなかかりて (やす)いし()さぬ」に続く反歌は、(しろがね)も (くがね)も玉も 何にせむに まされる宝 子にしかめやも」 

 両親が、子どもたちの前で反歌を詠唱したことを記憶している。わが子に暴行を加え殺害さえする親たちは、この歌を知っているであろうか。日本の古典を大切にする教育がひときわ大切な時代と思われる。[KK.HISAMA,2019.6]

 

 

第1回:今年度の読書コーナーについて

はしがき

マンガ大国日本。マンガの黎明期に日本を離れ30年振りに帰国した時、書店にあふれるマンガ本をみたときはショックでした。その後の研究によって、アニメ文化で世界をリードする日本のマンガ作家たちの偉業はすばらしいと思います。

しかしながら、映画に続いてテレビの普及、そしてネット社会の登場によって、文字文化は縮小するばかり。文字から伝わる音声の意味を記憶によって精神的発達があることを考えると、やはり読書は重要です。今年度は、女性や学生にも興味ある読書コーナーを試みます。

図書館で思うこと

私がアメリカで博士課程の勉強した1970年代は、ワープロはもちろんネットもない時代でした。図書館内に個室を与えられ、読書に集中できた時間をなつかしく思い出します。
新聞・雑誌・絵本が多い市の図書館は混雑しています。しかし、専門書籍が多い県立図書館では、女性の閲覧者は自分ひとりだけが珍しくありません。「女性は本を読まない」は、出版業界の定説のようです。いや、女性だけではなく、若い人の本離れも悲しい現実です。

国会図書館・県立図書館は、政治家のための図書館という役割があります。アメリカのパブリックは、政治家は常に読書をしてほしいと願っています。レーガン大統領は、毎週10冊の本を読んだと言われます。もちろん、側近に読書してもらいアドバイスを得ることも可能ですが、やはり、自ら読書してほしいのです。

おわりに

日本女性は読書家に成長しない限り、よい政治家にはなれないのではないか。女性だからではなく、すぐれた政治家を望みたい。常に書籍を座右に、ネットから新しい情報を得て、子どもたちの明るい未来を拓いてほしいと思います。

©2015 athena international research institute.