「俺たちに明日はない」人々

「俺たちに明日はない」人々

はしがき 

世界恐慌下のアメリカで、州を超えて、銃によって次々に銀行強盗をした若いカップルを描く1967年の映画のタイトルである。映画はテキサスの刑務所を出たばかりのイケメン(ウォーレン・ベィティ)が駐車場から車を盗む場面に始まる。

車の持ち主(フェー・ダナウェイ)が、二階から大声をあげてストップ。ところが、駐車場で叫びあっている間に二人は相思相愛の仲となる。ここから銀行強盗の旅が始まる。しかし、女が故郷と親を思い人間らしくなったとき、二人は銃に打たれて死ぬ。

「俺たち明日はない」を考える

この考え方は時代と民族によって異なると思う。グローバル社会の急速な進展は、「明日はない」人間を限りなく増加させているのではないか。一つは、高齢者の増加、もう一つはグローバル化による世界規模の人口移動。どちらもグローバル化による経済発展と密接に関係しながら、「明日はない」人間を増加。彼らは、社会から疎外される悲しみを生きる運命にある。

「明日はない」とは「死ぬ」こと。長い間、産婦や乳幼児はもちろん、身分の高い人も常に死と向かい合わせで生きていた。ところが、二つの壊滅的な世界戦争を経た二○世紀は、経済成長を背景に多くの国家が長寿社会を実現。医療の進歩が長寿に拍車をかけている。急増する高齢者は「明日はない」人間の最大数を占める。人間を幸福にも不幸にもする「明日はない」時代の生き方が問われているのだ。

武士道とは死ぬことと見つけたり

 日本人なら知らない人がいないほど有名な一句。ことばの本当の意味は『葉隠』という手書きの本に述べられている。本の成立は、佐賀藩主・鍋島家に仕え、殉死を果たせなかった藩士・山本定朝が草庵に住み、若い藩士に口述した武士道。観念論ではなく、日々の生活の中で生きた本物の武士道である。

私は十年前に夫の故郷・佐賀に移住、「葉隠」を肌で学ぶことができた。「俺たちに明日はない」ということばは、なぜか「葉隠」武士道を思わせる。

おわりに

死ぬ覚悟で生きて何事かを達成する人こそ、最高の喜びを感じるのではないか。たとえ悪事を働く銀行強盗さえも。「明日はない」は、日本人の倫理を今一度考えさせる重厚なことばである。[2018.4]

©2015 athena international research institute.