「見ざる・聞かざる・言わざる」子猿養育の知恵 

「見ざる・聞かざる・言わざる」子猿養育の知恵 

 

はしがき

アメリカの学校教員が日本の教育を学ぶツアーに関わった時期があった。教育関係者が丁寧に対応してくれ、参加者にとって有益で楽しい旅だったと思う。到着した翌日は自由行動で、教員たちは日光に出かけた。私は同行しなかったので、日光へ旅行したのは一度きり、何十年も前のことだった。

日光への旅の目的

東京で10月に開催された学会の後で、秋の日光へ行くことにした。私の中で記憶に残っているのは、屋根の庇の下に並ぶ三猿の彫刻。今回は奥日光の紅葉を見て、三猿の彫刻を確認したかった。なぜなら、グローバル化によって世界中が「ノーマッド=遊牧民」の時代を生きる知恵を教えていると思ったから。

アフリカやアジア大陸では、狩猟や家畜の餌をもとめて移動する遊牧民が多かった。今はグローバル経済の利益を求める「遊牧民・移民」が世界中にあふれ、グローバル化による負の現象が目立つ。アメリカでは人種の対立が終わる兆しもなく、多発するテロ事件や民族戦争は悪化するばかり。異民族が隣合わせで生活する社会で、アイデンティティを失い、名もない若者たちの不満が爆発している。

グローバル時代の日光

日光で旅行者のことばを聞いていると、ここが日本かと疑うほど外国人ばかり。華厳の滝へ向かうバスで隣にすわった若い男性に話して見た。日本語は話さないというので英語で聞いたら、タイ国から一家五人で旅行中の高校三年生。スマホで楽しく旅行できるという。小学校一年から英語を勉強しているが、生活言語でないため英会話は一向に進まない。

帰りのバス停で、大きな体で「白銀の糸が黄金に交じる」アメリカ人男性と話した。私が英語を流暢に話せるので日本人ではない、どこの国からかと聞かれる。会話では、必ず国を聞かれたアメリカへ戻った気がした。日光での観光案内役は人工知能。広大な森の中の全ての建物が絵で示され、タッチで音声ガイドが始まる。英語・日本語だけでなく他の外国語も選択できる。「見ざる・聞かざる・言わざる」は、猿の一生を語る八場面の彫刻の二番目。幼少期の子猿は、世の矛盾や悪に惑わされないで、すくすくと育てるのがよいというもの。

結 語

グローバル時代の国策は、英語こそ「国際人」を育てることば。日本語も日本文化もおぼつかない幼少期から英語を教え、小学生は多様な国籍・人種の外国人助手から学ぶ。アメリカで、子猿(類人猿)に英語を教える実験が1980年代まで半世紀も行われた。すべての猿は英語を学べなかったし、一生続く感情障害をかかえる不幸な運命に。猿と一緒に学んだベビーは、猿の声を真似するようになり実験中止。ベビーも感情障害の人生を送ったと言う。[KK.HISAMA. 2017.11]

©2015 athena international research institute.