第6回 育児の知恵で医者いらず:前篇

第6回 育児の知恵で医者いらず:前篇

はしがき

 最近マスコミが深刻な小児科医の不足を指摘している。悲しきかな、政府は小児救急医療の危機として更なる医者の増加を求めている。「医学より育児学を」と教えた松田道雄育児学の太陽が沈んでしまったのだろうか。

本セミナーの趣旨は、子どもたちの健康は病気の治療ではなくよい育児として、生涯を捧げた松田道雄の意志を伝えるものである。「孤立無援六〇年」の間に築いた成果は一九六七年に初版の「育児の百科」として、最新の医学研究と母親たちの実践報告に基づき毎年改訂されていった。一九九八年著者の逝去から一〇年経過した今も新版が出ており、世代を超える子育てのバイブルに等しい。

私が検索した西洋先進国の研究によると、小児救急医療の半数は経験の浅い母親の不安によるものである。そのため、小児科救急医療ではよりよい育児をサポートするナースが最前線で対応をしている。母親の不安に対応するのは、忙しい医者よりも専門のナースであることが実証されているからである。このことは、小児医学ではなく育児学を実践した松田の自説が正しいことを証明している。前編では新しい世代のママを支援するため、松田育児学の神髄を見極め、後編では小児の心の問題を中心に最近の動向を探る。

松田道雄育児学の真髄

  

松田は戦時中は軍医予備軍として結核を担当したが、戦後は家業を継ぎ小児科医となった。彼の父は病人から得たお金で贅沢はしたくないと家を持たなかったし、旅行や料亭の食事などのような贅沢はしなかった。医者の役割は的確な診断と患者とのコミュニケーションであり、コミュニケーションは治療においても重要である。松田は「3分診療」では母親の訴えも十分聞けない、治療の説明もできないとして、保険医にはならず本当の自由診療をやり通した。小児科を訪れる母親が必要とするのは、話をよく聞いて育児の知識を与えることである。松田は最初のニ十年、診療と手紙や書籍によって母親たちを支援した。医学から育児学への転換を叫んだ松田の代表的な著書から、松田育児学の真髄を見ることにしよう。

 

私は赤ちゃん

  松田が診療をしながらこの本を執筆した時代は、戦時中の「産めよふやせよ」政策によるベビーたちが、結婚適齢期になり戦後の巨大なベビーブームとなる背景があった。ほんの小冊子であるが、育児の視点を大人から赤ちゃんに変えた所が常識を逸している。赤ちゃんの視点から医者や育児に関係する人たちへの辛らつな批判もユーモアたっぷりだ。内容は生後一年半までを半年毎に三部に分けている。
第一部 生まれて半年
 産院における出産で始まり離乳で終わる期間の育児問題は、団地生活によって孤立無援の母親の育児知識や、経験の不足から来る不安が大きいことを指摘している。育児内容は赤ちゃんの命の綱とも言うべき哺乳や離乳食、屋内・屋外の環境、外出などが主となる。この時期によくある健康問題は、母乳に関するもの、夜泣き、湿疹がある。
第二部 誕生前後
 哺乳の問題は少ないが、家の中から外部へと生活圏が広がるため新たな問題が続出する。食べ物については好き嫌いや体重、腸重積など消化器官に関連する問題が多い。感染症の予防接種、風邪など感染症に伴う熱、ひきつけ、夜泣き、下痢への対応がある。また、はいはいや歩き始めることに関連したけがや事故が起こりやすい。外出や旅行が多くなるので、母親への注意事項が書かかれている。結語:両親は子どもの個人差を認めてあまり神経質にならないこと。
第三部 一歳半まで

 やはり食べ物は最大の課題で、離乳食の内容だけでなく、食中毒、食べる時間や方法など社会・心理的な面も考慮している。歩行は人間の進化を示す一大事であり、母親や家族の大きな関心を集める。無理強いは禁物で歩行器などは必要ない。社会の一員としての生活日課を考慮する。睡眠や休息については、お昼寝や就寝時の対応などに配慮が必要である。歩行が始まると、おむつや怪我の心配も起こる。体質によって起こる喘息やアトピーは子どもによっては深刻な問題である。

定本:育児の百科(19991967初版)

 索引を入れると八五〇ページに及ぶ巨大な本で、死の直前まで改訂・出版された遺書。冒頭に「この本のよみかた」があり、どう役立てるかポイントが書かれている。医者に行かなくても家庭で対処できる病気と医者の診断が必要な場合がある。医者が診断しても、薬や注射が必要とはかぎらないので、家庭での対応が書かれている。

成長期による分類は誕生前に始まり、一歳半までは一六期に分類し、その後はニ歳までの半年、二歳を過ぎてからは一歳きざみで六歳までと学童の六期というふうに詳細に述べている。各々の期間は、その成長期について、育て方、環境、かわったこと、集団保育、に分類して重要な事柄を詳細に述べている。これらの項目は、松田が六〇年に渡って子育てする母親たちとのコミュニケーションによって発見した事実であり、具体的でわかりやすい。時代的変化として、保育院や幼稚園など集団育児を説明している。最後の部分は病気について一一六項目と、一六の応急手当について述べている。

第一部     誕生まで

 ここでは妊娠するかと言う決断、妊娠中の生活、異変や病気、分娩はもちろん、生まれる赤ちゃんのための用意まで詳細に述べている。用意は部屋から、ベッド、寝具や衣類までこまやか、品目リストもある。これなら、経験のない母親でも、安心して出産に望むことができよう。

第二部     誕生から一週まで

 最初に父親へのきびしい言葉がある。大家族の時代と違い、母親は一人きりなので困った場合は協力するよう切実な気持を伝えている。続いて赤ちゃんの成長の説明と「そだてかた」を詳細に述べている。内容は、哺乳に就いての基本、環境ではおむつや入浴、兄弟やご近所との関係まで。未熟児、双生児、みちくち、あざなど意外に思うことについて、わかりやすく説明している。

第三部以降

各々の成長期について的確なことがらを詳細に述べている。三ヶ月になると体が活発に動くので、八ページに渡って乳児体操をイラストによって説明している。普通よくある病気については「かわったこと」として各々の分類期間によって述べている。

子どもの病気:ここでは小児科医が診断してほしい病気と、子どもに多い応急手当について述べている。医者は医学の対象となる病気にはくわしいが、日常生活よくあるような「かわったこと」については学問的追及が少ない。治療は生活の中で母親や本人が対処するのが一番である。

付 記

 『育児の百科』は世界の学術研究を丹念に調査して毎年改訂追加された。多くの専門家による集積書ではなく、赤ん坊から思春期を卒業するまで、一人の人間を育てる一貫作業を信じる著者が一人で一貫して書いた著書が比類がない。

 

母と子への手紙:乳幼児から思春期までの健康相談(1994.8

  『育児の百科』が出版されてからも、全国から寄せられた手紙への答えを収集した本で、思春期まで拡大している。手紙は受け取った順に書かれているが、目次は相談内容によってニ四項目に分類され、世界の最新医学情報に基づく安全・安心なアドバイスが多い。項目毎に整理された複数の回答に共通する内容を述べている。最初の六項目を紹介する。
1.おしっこのこと
主な問題はおむつをはずす年齢とおねしょうである。どちらも個人差が大きく、おむつは夏場早くとりやすいが、冬場はむずかしいのであせらないようにする。おねしょうは、成長するに従って自然に治るが個人差が大きい。あせらずに対処するとよい。
2.へんなくせ
吐きやすいとか風邪をひきやすい、その他、指をしゃぶる、くちびるを吸うなどがある。過度の心配は無用、くせについての考え方を改め、自然に治るように導く方法を示している。
3.思春期のなやみ
女の子はメンス、男の子は口臭やわきがの悩みというふうに決まっている。思春期はメンスも個人差が大きい。口臭は思いこみが多く普通の生活をしているなら問題はない。親も子も独立がキーワードで、お互いに独立して自信をもつことが前提となる。
4.乳房に関する問題は、母親自身の問題と、乳に含まれるホルモンの影響による乳児の問題がある。母乳を一月やっただけで、乳児の乳のしこりが十ヶ月後に自然に治ったケースもあった。乳腺炎は、普段から清潔にして入浴や温湿布などで血行をよくする。
5.てんかんとひきつけ
医者はけいれんをてんかんに関連づけて間違うこともあるが、両者は異なる問題である。子どもは高熱に伴うけいれんが起こりやすいので、不要な検査や投薬をしないよう育児の知識が必要である。てんかんの場合、薬の使用は慎重な診断や経過の観察が必要である。
6.どもり

精神科医に行くのは最悪、本人やまわりの人が意識しないとなおる。テレビは話す機会を少なくするので、子どもの話をよく聞いてあげるようにする。

おわりに

  松田育児学は医者としての良心とゆるぎない信念に基づいている。九〇年代に出版された晩年の書に書かれている松田の信念とは、アメリカの独立宣言に見られる個人の独立や他者の人権尊重、その底を流れる他愛の精神を基盤とする。いずれも日本で実現が困難な民主主義の思想である。これこそが、開業医としてニ〇年間に診療した人々が老年になるまでフォローし、六〇年に渡って寄せられた手紙やニ〇冊を超える育児書を執筆した結論である。松田の最終アドバイスは何か。
育児問題は、思春期を中退し、独立できなかった親たちが自分に自信をもって普通に生きられないことから来るのだという。会社べったりの父親、その父親によりかかっている母親もいる。彼等は思春期中退の親であり、自分の体の欠陥ゆえに社会からのけものにされたと考え、子どもの欠陥を常に気にしている。完全な人間などいない、どこかに欠点があっても全体として見て正常なら普通に生きるので心配はいらない。思春期は独立の季節、独立人としての自信がないと、機嫌よく起きて一日元気に遊ぶ子をふつうに育っていると思えない。毎日いっしょに寝起きしている子どもに自信をもってください。さもなければ、何の役にも立たない三分医療の流れ作業は終わらないのです。

医療を業としない社会ならば、母親は健康な子どもを産み、子どもは薬や注射ではなく自然の恵みによってすくすくと成育するのが当然、これこそ松田育児学の真髄である。

©2015 athena international research institute.