第2回 随想文学の古典にみる日本人のこころ:「王朝」の美意識と癒し

第2回 随想文学の古典にみる日本人のこころ:「王朝」の美意識と癒し

  日本随想文学の頂点をきわめた三人の作者は、王朝期とそれに続く中世期という時代に生きた人たちで、宮廷と深く関わる正規の職業人(清少納言は宮廷の女房、長明は神官、兼好は公家の家司)であり歌人でもあった。長明と兼好は引退してからも和歌を詠み続けて自らの「こころ」を表現している。中世といっても、この時代の和歌は平安朝の伝統、「王朝」の美意識が支配しており、随筆においても同様に王朝時代へのあこがれが強い。これらの随筆が今日まで読み継がれてきたことは、作者三人が追及した「王朝」の美意識が、今も日本人の美意識として残っているためであろう。
  和歌は31文字という形式、比喩や修辞にいたるまで制限されているが、随筆は文字通り自由な散文による表現形式で何の制限もない。しかしながら、写実的な眼で現実を見つめるという点で、和歌と同様な創造する喜びがある。随筆の内容は、作者の思想や世界観もあるが、何よりも作者の性格や日々の生活が反映されている。自由であるが故に、随筆は自己満足と惰性におちいる危険がある。これらすぐれた随筆作品は、正規の職業に伴う教養と経験に裏打ちされ、喜びと苦悩の中で書かれた作品である。また、書く喜びを味わうことで、苦しみを逃れるという緊張感に支えられている。
  そうした喜びを味わいながら、随筆は自由な表現によって「こころの癒し」につながるようである。事実、清少納言と兼好は、随筆による癒し効果を明確に述べている。
 
清少納言
  「世の中の腹立たしう、むつかしう、方時あるべき心ちもせで、『たた、いづちもいづちもいきもしなばや』と思ふに、(訳:「人生に腹がたってきて、むしゃむしゃして、一時間だって生るきているのが嫌になって『もうどこかへでもいってしまいたい』と思っているときに、」・・つづく)
ただの紙のいと白う清げなるによき筆、白き色紙、陸奥紙など得つれば、こよなう慰みて、『さばれ。かくてしばしも生きてありぬべかんめり』となむ、おぼゆる。(訳:普通の紙なら真っ白くて美しいのに上等の筆を添えてとか、・・・すっかり気が楽になって、『まあいいわこのままでしばらくは生きていてもよさそう』・・・引用:第259段)
 
兼 好
 つれづれなるままに、日くらし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(引用:序段)
 
  清少納言は和歌から随筆の世界に脱出して存分に翼をのばしたようである。累代歌人の家柄にうまれ、充分な才能をもちながら和歌の数が少ないのは、随筆の作者としての「新鮮かつ旺盛な開拓精神」からであったと思われる。兼好は生涯に渡って和歌の世界で活躍しながら、随筆を書く喜びに夢中になっていた様子が伺われる。
 

©2015 athena international research institute.