特集 「赤十字の母」ナイチンゲールよ永遠に!

特集 「赤十字の母」ナイチンゲールよ永遠に!

はしがき

『ソルフェーノの思い出』(1862.11)の著者で、国際赤十字を創立(1864.8)したスイス人(Jean Henri Dunant)は、ロンドンで行った講演(1872)で次のように述べている。

この条約(赤十字条約1864.8)の栄誉は、(私ではなく)一人の英国女性のものです。私が1859年にイタリアの

戦争に出向いたのは、クリミア戦争におけるフローレンス・ナイチンゲールの仕事に感動したからです(p510)

クリミア戦争(1853-56)は複数の国家が参加した大戦で、約160万人の兵士が戦い、75万人を超える死者がでた。その三年後、イタリアで起こったソルフェーノの戦い(1859.5)では、およそ30万人の兵士が戦い、死者は2万人を超えた。ナイチンゲールとデュナンは、工業革命と植民地の拡大に伴う戦争の世紀を共に生き、戦場で苦しむ兵士のために多大な貢献をしたのである。

赤十字の発展とナイチンゲール

「ランプを持つ貴婦人」というナイチンゲールのイメージは、人々の脳裏から消えることはない。そして、救護現場で見るトラック・旗・救護隊を象徴する赤十字のマークは強烈である。被災者にとって、赤十字は「地獄に仏」の到来に等しい。その後赤十字の活動範囲は拡大し、戦争捕虜への人道的救援、自然災害・人的災害など、その役割はますます重要になっていく。

 デュナンが著書で指摘した赤十字思想(人道)は、西洋では古くから実践されていた。ソクラテスに造詣の深いナイチンゲールは、19世紀最大の戦争で初めて赤十字思想を実践した人。英国では貴族がボランティア活動をしたので、ナイチンゲールの生活費、教育・研究費、旅費など、すべて父からの資金であった。

クリミア戦争の後、ナイチンゲールは、英国軍の衛生改革のため、政府の内部に入り、世界の衛生改革リーダーとして活躍した。衛生改革に必要な資金を得るため政治家に働きかけたが、ボランティア活動を否定したわけではない。

ナイチンゲール記章が伝えるナイチンゲール像

 ヴィクトリア女王が君臨した19世紀は、世界の覇者となったイギリスにとって戦争の世紀でもあった。女王とナイチンゲールは、戦争の悲劇を緩和するために共に戦ったのである。クリミア戦争後も、イギリス政府は、アメリカの南北戦争(1865)、独仏戦争(1870)英国軍の遠征(中国・カナダ・アフリカ)において、ナイチンゲールに助けを求めた。英軍のアフリカ遠征において、ナイチンゲールは英国赤十字社の役員として、看護団派遣を指揮している。

ナイチンゲールと赤十字の父デュナンは、同じく1910年に逝去。二人の没後20年に始まったナイチンゲール記章授賞式は、「赤十字の母」としてのナイチンゲール像を後世まで伝える証である。

©2015 athena international research institute.